HOME月刊沖縄時間   バックナンバー第25号
月刊沖縄時間のバックナンバー
第25号
 

I 月刊沖縄時間のトップページ I

===================================================== 2002/10/ 1======
月刊 沖 縄 時 間 (第25号)       ■ http://www.yuntaku.biz
                      [まくまぐID:0000046147]
                      [Macky! ID:okinawatime]

  工房ゆんたくが発行するメールマガジンです。
  工房ゆんたくは沖縄時間にあこがれ、沖縄の伝統、文化、自然を撮り
  続けている日本写真家協会会員、沖縄時間撮影人大野隆志と沖縄の自
  然を中心に、地球をテーマとした革工芸作品を作る、革工芸職人大野
  葉子の2人で「て〜げ〜」とやっています。
                           《 発行 759 部 》
======================================================================
              お知らせとお詫び

工房ゆんたくの掲示板で使用しています[Fresheye無料レンタル掲示板]が、
サービスを終了と言う通知が来ました。
このため急きょ、10月1日より掲示板を変更いたします。新アドレスは下記
の通りです。今後とも工房ゆんたく掲示板をよろしくお願いいたします。

掲示板 新アドレス■ http://www.yuntaku.biz/keijiban/

9月1日発行の「月刊沖縄時間 第24号」に誤字がありました。
うちな〜見聞録[西表島のウミショウブ]後半の「科学的に照明」は「科学的
に証明」の誤りでした。訂正し、お詫びいたします。
======================================================================
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/☆ 今 月 の 目 次 ☆_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
◆沖 縄 時 間◆
OKINAWA TIME
 ◇【うちな〜見聞録】◇
   [升升半升(ますますはんじょう)]
 ◇【じょ〜と〜な話題】◇
   [台風16号との遭遇]
 ◇【今月のおすすめサイト】◇
   [にがうり倶楽部]
 ◇【ゆんたくニュース】
   [松田しのぶ東京ライヴ]
◆革工房 YUNTAKU◆
 ◇【工房の新作情報】◇
 ◇【今月の作品紹介】◇
   [ミミズクのペン立て]
   [タツノオトシゴの鏡]
   [額絵「さくら」]
   [財布]
   [化粧ポーチ]
   [めがねケース]
◆工房ゆんたくの作品販売◆
 ◇【今月の作品販売】◇
   [ゆんたくカード(ポストカード4枚組)]
======================================================================
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ < 沖 縄 時 間 > _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
               OKINAWA TIME
       沖縄のゆったりとした、時の流れを表した言葉。
       都会の人間が忘れてしまった ・・・時の流れ。
       本来人間の持っている・・・時の流れ。
       人を暖かく包み込んでくれる・・・時の流れ。

               ■ http://www.yuntaku.biz/okinawatime/
======================================================================
【うちな〜見聞録】
      ☆☆☆ 升升半升(ますますはんじょう) ☆☆☆
          [一升が2本分とあと半升]

ある時、巨大な泡盛の瓶を見た。通りに面した酒屋のガラス越しに展示されて
いたその瓶は「升升半升」と言われる商品だった。
益々繁盛と升升半升をかけて、色々なお祝い事に使われる。ラベルも送り主の
アイデアでたった一本でもオリジナルラベルを貼ってくれる。
島の知り合いが、今回の竹富町議会議員選挙に立候補する。この瓶に入った泡
盛を送ろうと思った。とはいえ、いつも酒屋にあるわけではなく、どんな手順
でどんな風に注文したらよいかも分からなかった。石垣島の空港から、いつも
昼食を食べに行く店へと向かった。注文を終えて、店の人と話をしていると、
二人連れの女の人が入ってきた。カウンターにいた私たちの隣りに座り、店の
人と話し始めた。地元の人らしい。この人たちに聞いたら、きっとあの泡盛の
ことが分かるかも知れない。
「あのー、とっても大きな瓶に入った泡盛をお祝いで送りたいのですが、どこ
へ行ったら出来ますか。」と尋ねると、「あーそれなら私が良く知っているか
らー」と自分の携帯電話を取り出し、酒造メーカーに連絡してくれた。どんな
ラベルにするか、名前は・・・と次々に聞かれ、支払いもその人に渡せばよい
と、あっと言うまに望みが叶った。
きっと町をうろうろ探さなければならないと思っていた私は、拍子抜けしてし
まった。
そして、もっと驚いたことにいろいろ手配に協力してくれたこの人は、、私た
ちが良く知っている島の青年の叔母さんだと言う。全くの偶然だけれど、こん
な結びつきも起こるのだと、とても嬉しくなった。
3日後、船でその巨大な祝い酒が届いた。チバリヨー(がんばれよ)、必勝と
美しい立派なラベルを付けて。
床の間の前にどんと飾られた瓶には、島の人たちの暖かい応援がしっかりと詰
められている。
9月8日投票日、翌日に開票され結果が分かる。良い結果が出て、島のみんな
に振る舞われることを祈っている。
                            文 大野 葉子
======================================================================
【じょ〜と〜な話題】
----------------------------------------------------------------------
[台風16号との遭遇]
黒島へ着いて2日目、気になっていた台風16号がゆっくりとした速度で沖縄
本島に向かっているというニュースが流れた。
家を出るときには、すでに発生していた台風16号は未だに通り過ぎてくれな
い。私たちの帰る日までには、さっさと通り過ぎるのだろうとたかをくくって
いた。ところが、台風の速度が一段と遅くなり、本島に近づき、さらに八重山
へ進路を向けていた。
黒島での宿泊を1日取りやめ、船が欠航しないうちに石垣島へ移動した。那覇
や久米島は強風と大雨に見舞われ、飛行機も全便欠航。楽しいはずの日程はすっ
かり一転し、天気予報ばかりが気になる。帰宅予定の当日の朝、13:05発
の便までが欠航。1時間後、この日すべての便が欠航となる。急いで空港まで
行き、空席待ち整理券をもらう。2017番と2018番。数日間続いた欠航
の為にとんでもない番号になった。これでは、いつになったら帰れるのや
ら・・・。
タクシーの運転手さんと話していたら「台風の気持ちしだいだからねー」と言っ
た。さすがに多くの台風の体験をされている人の言葉は違う。島の人たちもあ
わてる様子もなく淡々としている。観光客だけが、町の中をただうろうろして
いた。
翌日は外へ出られないほど、悪天候にはならず、飛行機も朝の1便が欠航した
あとは順調のようだ。時折雨足も弱くなった。ただ落ち着いて遊びに行くこと
も出来ず、空港へ何度か空席待ち状況の確認電話を入れた。番号はなかなか進
まず、今日中に移動できなくなった。こんな時は焦っても仕方ない。何度か沖
縄で台風に出会うたびに「台風心得」が身に付いた。一夜明けて空港へ問い合
わせると臨時便のおかげでだいぶ番号が進んでいた。今日はやっと那覇までは
行けそうだ。この空席待ちの数日間、予約で一杯だった民宿は、足止めをされ
た宿泊客のために部屋のやりくりをしたり、キャンセルや新たな予約の電話で、
大変だった。
出発の朝、民宿のお母さんに精算を頼むと「台風でどこにも行けなかったから
宿代はいらない」と言う。台風はお母さんのせいではないと押し問答の末、よ
うやく代金を受け取ってもらった。それでもお母さんは気になるらしく、沢山
の黒砂糖とタクシー代を持ってきた。この島の人たちはいつもこんな気遣いを
してくれる。ありがとうお母さん。
======================================================================
【今月のおすすめサイト】
----------------------------------------------------------------------
[にがうり倶楽部]
http://www.nigauri.net
9月の半ばを過ぎても、我が家の庭ではゴーヤーが実を付けています。
新しい料理法はないかと、ホームページを検索していた時、出会ったのがこの
サイトです。
個人の方が作っているホームページですが、どこかゴーヤーの団体が作ってい
るのかと思うくらい、ゴーヤーのすべてが見られます。
「にがうりを食べよう」のページには、下ごしらえから多数の料理法まで、詳
しく書かれていました。これでまた我が家の食卓が楽しくなります。
======================================================================
【ゆんたくニュース】
----------------------------------------------------------------------
[松田しのぶ東京ライヴ]
7月にアルバム『ハリヨイ美童』(ンナルフォン)でレコードデビューを飾り、
只今ノリにノっている沖縄の民謡歌手・松田しのぶ。彼女の初の東京ライヴを、
この10月に行います。

〜〜沖縄新世代の唄姫 澄みわたる美ら声・松田しのぶ、東京初ライヴ〜〜
http://www.mandicompany.co.jp/live-event/live/matsuda/matsuda.html
出演:松田しのぶ(唄・三線) 松田一利(三線)

■10/14(月・祝)池袋 やったるぞう
−スペシャル・ナイト−(共演:アコースティックM)
 18:30スタート チャージ:2,000円
■10/15(火)六本木 島唄楽園
 19:30スタート チャージ:1,000円
■10/16(水)中野 ちむ屋
 20:00スタート チャージ:1,000円

後援:日本三板協会( http://www.interq.or.jp/leo/campus/
uchinasanba.html )
協力:キャンパスレコード( http://www.interq.or.jp/leo/campus/
問:M&Iカンパニー 03-5453-8899( http://www.mandicompany.co.jp/

ご予約は、直接各店まで
・やったるぞう 豊島区池袋2-50-9 第三共立ビル1F 03-5951-6785
 ( http://www.live-yattaruzo.navijiman.com/
・島唄楽園 港区六本木7-14-10 誠志堂ビル4F 03-3470-2310
 ( http://homepage1.nifty.com/myers/
・ちむ屋 中野区新井1-36-3 フジビル1F 03-3387-5855
 ( http://chimuya.hoops.ne.jp/

【松田しのぶ プロフィール】
1972年、本島北谷生まれ。祖父・松田弘は野村流古典音楽師範。父親は毛遊び
歌を得意とする三線の名手・松田弘一(現在はザ・フェーレーの親分としてお
なじみ)。幼少の頃より音楽に恵まれた環境で育ち、高校在学中に琉球民謡協
会から新人賞、その後優秀賞、琉球音楽協会から最高賞を授与される。2001年
「輝け民謡アカデミー」においてアカデミー大賞を受賞。TV、ラジオなどに出
演し上原直彦作詞、前川守賢作曲の「ハリヨイ美童」でデビュー。沖縄を中心
に松田弘一民謡グループで活躍中。

◎復帰っ子 松田しのぶの島のうた特集
松田しのぶ『ハリヨイ美童』 好評発売中
ンナルフォンレコード 30NCD-29 定価3,000円(税込)
----------------------------------------------------------------------
======================================================================
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ < 革工房 YUNTAKU > _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

        革という素材に見せられて20年。
        沖縄で出会った動植物を中心に図案化し
        身近で使える革製品を作っています。

                ■ http://www.yuntaku.biz/kawakobo/
======================================================================
【工房の新作情報】
http://www.yuntaku.biz/kawakobo/
----------------------------------------------------------------------
《猫シリーズ》
今まで作ってきた名刺入れと三つ折キーホルダーに2種類の猫柄を入れました。
親子の猫を実際に飼ったことはないのですが、子猫が親のまねをするとき、こ
んな姿もあるのではと思います。窓から外を見ている家の猫の後ろ姿は、いつ
も走り回っている時とは違い、何となく思慮深く見えます。こんなことを思い
ながら2種類の図案を考えました。
----------------------------------------------------------------------
竹富島ビジターセンターで工房ゆんたくの革製品を販売しています。竹富島へ
行ったときは覗いてみて下さい。
======================================================================
【今月の作品紹介】
http://www.yuntaku.biz/kawakobo/shoukai/
----------------------------------------------------------------------
[ミミズクのペン立て]
http://www.yuntaku.biz/kawakobo/shoukai/sho_html/sho-01.html
ゴート使用。山羊の革で、美しい独特のシボがあります。とても使いやすい革
です。子供の頃、家の近くの杉林へ遊びに行きました。ふと、気配を感じて大
きな杉の木を見上げたそこにふくろうがいました。初めてみる動物に驚き、そ
の堂々としている姿に圧倒されました。三十数年を経た今でも、その時の情景
は強く心に残っています。

《大きさ》
約95mm×160mm×85mm

[タツノオトシゴの鏡]
http://www.yuntaku.biz/kawakobo/shoukai/sho_html/sho-02.html
ゴート使用。山羊の革で、美しい独特のシボがあります。とても使いやすい革
です。いつもは、全体を茶や紺系でまとめてしまうのですが、これは革その物
の色を使いました。年月が経つと、とても良いあめ色に変化します。そんな自
然の色をバックにし、図案のタツノオトシゴや貝などの細かいところは、アク
リル絵の具で染めました。
《大きさ》
約315mm×390mm

[額絵「さくら」]
http://www.yuntaku.biz/kawakobo/shoukai/sho_html/sho-03.html
ゴート使用。山羊の革で、美しい独特のシボがあります。とても使いやすい革
です。家の裏山に5〜6本の山桜がありました。春になると桜の花が咲き、実
をつけ、6月頃には熟した実を食べに、鳥たちが集まりました。「桜」という
文字を見るだけで、ほんわりとした気持ちになり、温かく包み込まれる様な気
持ちになるのは、もしかするとこの子供の頃の「原風景」へ戻れるからかし
ら・・・とこの頃思うようになりました。
《大きさ》
約120mm×110mm(作品サイズ)
約275mm×225mm(額サイズ)

[財布]
http://www.yuntaku.biz/kawakobo/shoukai/sho_html/sho-04.html
毎日使う財布というのは、その人その人の使い勝手があり、札入れや小銭入れ、
カード入れをどこに持ってくるかが難しい。あれこれ考えていろいろな形を作っ
てみました。

[化粧ポーチ]
http://www.yuntaku.biz/kawakobo/shoukai/sho_html/sho-05.html
バックの中の小物を小分けにしたいとき、いろいろな大きさのポーチが便利で
す。さっと取り出したとき、絶対デパートでは売っていない柄で作ってみまし
た。

[めがねケース]
http://www.yuntaku.biz/kawakobo/shoukai/sho_html/sho-06.html
さっと取り出してさっとしまえるめがねケースが欲しいと思いました。
眼鏡屋さんで頂くケースではちょっと物足りないので、好きな植物や貝を描い
てみました。
======================================================================
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ < 工房ゆんたくの作品販売 > _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

革工房の手作り革製品と沖縄時間のポストカード、インクジェットプリントを
インターネットで販売しています。

                 ■ http://www.yuntaku.biz/hanbai/
======================================================================
【今月の作品販売】
[ゆんたくカード(ポストカード4枚組)]
4枚組のポストカードです。
美海は、沖縄の水の中をとらえた作品に、沖縄本島の言葉で一言添えました。
黒島は、豊年祭の他、黒島の牛と夕日の作品に黒島の言葉を添えました。
http://www.yuntaku.biz/hanbai/P01/P01-0000.html
《美海1》
  500円(消費税込み)

《黒島》
  500円(消費税込み)
----------------------------------------------------------------------
[めがねケース]
http://www.yuntaku.biz/hanbai/A01/A01-0000.html
 《あかまんま》
  5,000円(消費税込み)

[三つ折キーホルダー]
http://www.yuntaku.biz/hanbai/A02/A02-0000.html
 《ザトウクジラ》
  3,500円(消費税込み)

 《イルカ》
  3,500円(消費税込み)

 《ゴーヤー》
  3,500円(消費税込み)

 《親子猫》
  3,500円(消費税込み)

 《窓辺の猫》
  3,500円(消費税込み)

[免許証入れ]
http://www.yuntaku.biz/hanbai/A03/A03-0000.html
 《ザトウクジラ》
  5,000円(消費税込み)

[システム手帳]
http://www.yuntaku.biz/hanbai/A04/A04-0000.html
 《イルカ(ミニサイズ)》
  7,000円(消費税込み)

[名刺入れ]
http://www.yuntaku.biz/hanbai/A05/A05-0000.html
 《ねこ楽園》
  3,500円(消費税込み)

 《ぞう楽園》
  3,500円(消費税込み)

 《ザトウクジラ》
  3,500円(消費税込み)

 《イルカ》
  3,500円(消費税込み)

 《親子猫》
  3,500円(消費税込み)

[化粧ポーチ]
http://www.yuntaku.biz/hanbai/A09/A09-0000.html
 《パパイヤパティー(大)》
  7,000円(消費税込み)

 《ゴーヤー(大)》
  7,000円(消費税込み)

 《ザトウクジラ(大)》
  7,000円(消費税込み)

[ブローチ]
 ■ http://www.yuntaku.biz/hanbai/A10/A10-0000.html
《ピィーヤーシ》
  1,500円(消費税込み)

 《木の葉》
  1,500円(消費税込み)

[額絵]
http://www.yuntaku.biz/hanbai/A99/A99-0000.html
 《猫の森音楽会》
  30,000円(消費税込み)

[ゆんたくカード(ポストカード4枚組)]
http://www.yuntaku.biz/hanbai/P01/P01-0000.html
 《美海1》
  500円(消費税込み)

 《黒島》
  500円(消費税込み)

[インクジェットプリント]
http://www.yuntaku.biz/hanbai/Q00/Q00.html
 《A4》
  5,000円(消費税込み)

 《A3》
  7,500円(消費税込み)

 《A3ノビ》
  8,000円(消費税込み)
----------------------------------------------------------------------
======================================================================
【編集後記 ☆ だっからよ〜 ☆】
今月は、読者の方からの情報で松田しのぶさんの初の東京ライブのお知らせを
掲載しています。
10月14日の会場「池袋 やったるぞう」は私たちが毎年竹富島の種子取祭
でお世話になっている神司さんの息子さんの奥さんが「ママ」をされています。
何か懐かしくなりました。松田しのぶさんと共に「池袋 やったるぞう」もよ
ろしくお願いいたします。
======================================================================
【お願いとお知らせ】
----------------------------------------------------------------------
☆バックナンバーは下記のアドレスでご覧いただけます。
 ■ http://www.yuntaku.biz/gekkan/
☆次号の発行は2002年11月1日予定です。
☆購読は無料です。
 購読お申込み・購読解除は
「まぐまぐ」で登録の方
 ■ http://www.yuntaku.biz/gekkan/mag2/
「Macky!」で登録の方
 ■ http://www.yuntaku.biz/gekkan/macky/
 にてお願いいたします。登録先を変更される場合は、お手数ですが、現在ご
 登録のアドレスを解除しあらためて新しいアドレスを登録してください。
☆ご意見・ご感想、記事投稿は < otayori@yuntaku.biz > までお願いいたし
 ます。
☆月刊 沖縄時間、宛てのメールは、本誌にてご紹介させていただく場合があ
 ります。
☆月刊 沖縄時間の著作権は工房ゆんたくに帰属します。いかなる形であって
 も無断転載、無断使用はお断りします。必ずご連絡下さい。営利目的以外の
 転送は、全文をそのままの形に限り自由です。
☆月刊 沖 縄 時 間 2000年10月1日創刊
 このメールマガジンは、
 インターネットの本屋さん「まぐまぐ」 [まくまぐID:0000046147]
 メールマガジン立ち読みスタンド「Macky!」 [Macky! ID:okinawatime]
 を利用して発行しています。

 発行元:工房ゆんたく
 発行責任者:大野隆志
 〒238-0024
 神奈川県横須賀市大矢部3-47-15
 tel & fax 0468-34-6501
----------------------------------------------------------------------
======================================================================

I 月刊沖縄時間のトップページ I