HOME月刊沖縄時間   バックナンバー第37号
月刊沖縄時間のバックナンバー
第37号
 

I 月刊沖縄時間のトップページ I

===================================================== 2003/12/ 2======
月刊 沖 縄 時 間 (第37号)       ■ http://www.yuntaku.biz
                      [まくまぐID:0000046147]
                      [Macky! ID:okinawatime]
                       [ポスビー ID:00002699]

  工房ゆんたくが発行するメールマガジンです。
  工房ゆんたくは沖縄時間にあこがれ、沖縄の伝統、文化、自然を撮り
  続けている日本写真家協会会員、沖縄時間撮影人大野隆志と沖縄の自
  然を中心に、地球をテーマとした革工芸作品を作る、革工芸職人大野
  葉子の2人で「て〜げ〜」とやっています。
                           《 発行 706 部 》
======================================================================
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/☆ 今 月 の 目 次 ☆_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
◆沖 縄 時 間◆
OKINAWA TIME
 ◇【うちな〜見聞録】◇
   [豆腐造り]
 ◇【じょ〜と〜な話題】◇
   [わかれ]
 ◇【ゆんたくニュース】
   [神田 やいま ライブ予定表]
   [第41回 関東黒島郷友会 総会・懇親会の報告]
◆革工房 YUNTAKU◆
 ◇【工房の新作情報】◇
   [ゴーヤーの三つ折キーホルダー]
 ◇【今月の作品紹介】◇
   [クリスマスツリー]
   [小型リュックの物入れ]
   [モラ柄のデイパック]
   [ゴーヤーの三つ折キーホルダー]
   [うし楽園のシステム手帳と革製の皿]
   [くわず芋の三つ折キーホルダー]
◆工房ゆんたくの作品販売◆
 ◇【今月の作品販売】◇
   [クリスマスセール]
======================================================================
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ < 沖 縄 時 間 > _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
               OKINAWA TIME
       沖縄のゆったりとした、時の流れを表した言葉。
       都会の人間が忘れてしまった ・・・時の流れ。
       本来人間の持っている・・・時の流れ。
       人を暖かく包み込んでくれる・・・時の流れ。

               ■ http://www.yuntaku.biz/okinawatime/
======================================================================
【うちな〜見聞録】
            ☆☆☆ 豆腐造り ☆☆☆

この夏、黒島で生まれて初めての島暮らしをした。
ある日、島で豆腐造りをしているという人から、「今日、豆腐を作る」と連絡
が入った。
言われた時間に行ってみると、大豆2升がステンレス容器の中で、水に浸って
いた。夏場は大豆を4時間浸けるという。準備が整った作業場で豆腐造りが始
まった。
風呂場で使うプラスチックのお湯汲み用具で大豆を2杯大型ミキサーに入れ、
水を加えて撹拌する。およそ2分ミキサーを回し、プラスチックの漬け物樽に
流し入れる。これを4回繰り返し、この液を目の粗い網で濾す。網の中に残っ
た大豆に水をかけ、すのこの上でだいたい絞る。
さらに目の細かいネット(洗濯用ネット)に一度濾した液を入れ、さらにきれ
いな液にする。大鍋に流し入れ、火を付ける。おしゃべりをしながらなのに、
実に手際良く仕事をしていく。
火をかけた鍋が温まる間、目の粗い網に入った大豆を二槽式洗濯機の脱水側に
入れた。ざあっとホースで水を入れ、脱水のタイマーを回す。脱水ホースの先
に目の細かい洗濯ネットを取り付け、再びこれも濾していく。後でにがりを入
れる直前に使う。
脱水機というのは、実に便利だ。絞る時間と体力を省いたおかげであっと言う
間に呉汁の準備が出来た。雪のような美しい雪花菜(おから)も取り出された。
呉汁が温まり、表面に膜が貼り出した。この膜をすっと取り除き、にがりの海
水を加える。温度を下げるための取って置いた液もタイミング良く加えられた。
待っている間に次々使った物を洗っていく。狭い作業場を効率よく使い、あっ
と言う間に片付いた。
海水を入れるタイミングは、しっかり鍋を見て、加える時を逃さない。海水を
入れた後は4〜5分静かに待つ。ゆっくりゆっくりふわふわ固まりが浮き上がっ
てくる。ここが豆腐の良し悪しの決めてとなる、大切な時だ。作り手の顔も真
剣になる。上手く固まらない部分を見て、さらに海水が加えられた。
ざるを入れて、余分な液を柄杓で取って捨てる。豆腐の木枠にぬれぶきんを置
き、おたまで豆腐を入れていく。何度も豆腐を作ってきた人の動きは、素速く、
無駄がない。計量カップを使うこともなく、目と勘で、実に見事な美しい豆腐
が出来上がった。
出来立て熱々のゆし豆腐を頂く間に、木枠の豆腐に重しが乗せられた。
作り始めてから約2時間、ゆし豆腐と木枠から取り出して切ってもらった豆腐
を頂いて、帰った。
島で食べる「島豆腐」。素材から作られた一品で、何とも贅沢な、そして一番
嬉しい夕食になった。
                            文 大野 葉子
======================================================================
【じょ〜と〜な話題】
----------------------------------------------------------------------
[わかれ]
17年前、子猫が大怪我をして家の庭にうずくまっていた。手当をしようと近
づくと、さっと逃げてしまう。しばらくすると、また同じ場所に戻ってうずく
まっていた。
何日もかけて、ようやく怪我の状態を見ることが出来た。とても素人に手当が
出来るような簡単な傷ではなかった。警戒心の強いその子猫はある一定の範囲
以上は、絶対に人を近づけなかった。
どうしてそんな傷を負ったのかは分からない。しかし、猫どうしの喧嘩で出来
るような物ではなかった。少しずつ距離が縮まり、体に触れさせてくれるよう
になってから、動物病院へ連れていき、治療してもらった。生後6ヶ月くらい
の捨て猫だった。
毎日しっかり餌を食べ、人にも慣れてきた。口笛を吹くと、白いソックスをは
いたような4つの足を一生懸命動かして走ってきた。
3ヶ月程かかって、ようやく我が家の猫となった。大勢の子供の中で遊び、じゃ
れ、木にも登った。通りすがりの人にも愛想良く、見知らぬ人からもその名を
呼ばれると、ゴロゴロのどを鳴らした。子猫の時から歯がほとんどなかったが、
その後も元気に育っていった。
今年の夏あたりから、少し足取りが重くなってきた。ある日突然、大きな声で
鳴き、ぐるぐる回りだして動けなくなった。
目がほとんど見えなくなっていた。それでも慎重に歩き、物にぶつかりそうに
なりながらも、寸前で止まり、障害物を交わしていった。
それからしばらくして、急にぱったり食べなくなった。ほとんど水だけで1週
間を過ごし、急速に衰えていった。
野生の本能かも知れない。自分の力で立てなくなってからも、最後の最後まで
歩こうとした。意識がもうろうとしていく中でも、前足だけはいつまでも動か
していた。1時間ごとに呼吸は浅くなっていった。最後の力を振り絞り、小さ
な声を立て、そして力尽きた。
自分の最後を感じ取り、自然のままに一生を終えた猫を見つめながら、命のは
かなさ、尊さを教えられた。17年間、私は猫を飼っていたと思っていた。で
も、この数日間で、一緒に暮らしてもらっていたのは、私の方だったのかも知
れないと思った。相手は猫という生き物で、たまたま人間という生き物と一緒
に暮らしていてくれた。
夕暮れに口笛を吹いてみた。どこからか、またさっと走り出て来るような気が
した。
=====================================================================
【ゆんたくニュース】
----------------------------------------------------------------------
[神田 やいま ライブ予定表]
http://www.tandoor.co.jp/yaima/
12月12日(金) シューベルト松田
名護高校出身!ふるさと沖縄へ思いをこめて「美ら海の風」を唄います。
http://homepage.mac.com/syubelt_office/homepage-top.html
開店17:30 開演19:00
料金:ライブチャージ 1000円、飲食代別
----------------------------------------------------------------------
12月31日(水) えいさーほいさ
ウクレレ島唄・カウントダウンライブ
開店21:30 開演22:30
特別料金;4000円 料理付ライブチャージ(飲み物別)
----------------------------------------------------------------------
1月11日(日) 與那嶺商会(よなみねしょうかい)
沖縄が生んだ「中年不良ユニット」
http://k.excite.co.jp/hp/u/y.showkay/
開店17:30 開演19:00
料金:ライブチャージ 2000円、飲食代別
----------------------------------------------------------------------
1月15日(木) 内里美香
内里美香 初!東京ソロライブ
南大東島の夢見るタマゴ。ミニアルバム「あきらめないで」が好評です。
ゲスト:神谷千尋
http://www.interq.or.jp/leo/campus/mika.html
開店17:30 開演19:00
料金:ライブチャージ 2000円、飲食代別
----------------------------------------------------------------------
1月31日(土) ナチブー
やまとんちゅーによる沖縄ポップス。
CD「あん美らさ」「夏の夜はカチャーシー」をリリース
http://www.s-art.musical.to/nachi-boo/
開店17:30 開演19:00
料金:ライブチャージ 1000円、飲食代別
----------------------------------------------------------------------
ライブはすべて予約が必要です。予約はお電話で「やいま」まで

沖縄料理とインド料理の店「やいま」
東京都千代田区神田紺屋町14 千代田寿ビルB1
TEL 03−3253−3833
営業時間 ランチタイム 11:30〜14:00
          夜 17:00〜23:00
----------------------------------------------------------------------
[第41回 関東黒島郷友会 総会・懇親会の報告]
11月16日、鶴見沖縄県人会館において、郷友会員、八重山各郷友会、黒島
ファン多数が参加して、第41回総会・懇親会を開催しました。今回は、40
周年記念誌も配られ、会員の遠い思い出にもふれることが出来ました。
懇親会の余興には、黒島口説、山崎のアブジェーマなど黒島の芸能の他、飛び
入り参加も多数あり、小学生の美しい舞いも披露されました。
校歌斉唱、初めて参加した黒島ファンも加わってのモーヤ(カチャーシー)、
そして最後は弥勒節で締めくくられ、楽しい一時を終えました。
----------------------------------------------------------------------
======================================================================
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ < 革工房 YUNTAKU > _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

        革という素材に見せられて20年。
        沖縄で出会った動植物を中心に図案化し
        身近で使える革製品を作っています。

                ■ http://www.yuntaku.biz/kawakobo/
======================================================================
【工房の新作情報】
http://www.yuntaku.biz/kawakobo/
----------------------------------------------------------------------
《ゴーヤーの三つ折キーホルダー》
庭のゴーヤーを眺めているうちに、ゴーヤーをモチーフに革の小物を作ろうと
思いました。いつもはなんとなく見ていたゴーヤーの花やつるもスケッチして
みると、新たな発見が色々ありました。 一枝取って、スケッチが終わるまで
花瓶に挿して置いたのですが、これがなかなか強い。葉や茎は弱々しい感じな
のですが、1週間以上もしっかりしていて、つぼみだったものも花が咲きまし
た。 出来たスケッチを元にしてキーホルダーの大きさにゴーヤーの柄を入れ
ました。こうして完成したのが「ゴーヤーキーホルダー」です。
----------------------------------------------------------------------
竹富島ビジターセンターで工房ゆんたくの革製品とゆんたくカード「美海1」
を販売しています。竹富島へ行ったときは覗いてみて下さい。
牛まつりキーホルダー、革製品、ゆんたくカード「黒島」「美海1」は、黒島
の2カ所の土産物店で販売しています。(港の売店「まちや」、みやき荘みや
げ物店)
======================================================================
【今月の作品紹介】
http://www.yuntaku.biz/kawakobo/shoukai/
----------------------------------------------------------------------
[クリスマスツリー]
http://www.yuntaku.biz/kawakobo/shoukai/sho_html/sho-01.html
土台は、ベニヤ板をもみの木の形に切って作りました。木の表面と飾りは、牛
革を使用。アクリル絵の具で色付けしました。
木彫りの本を見ていると、これは革でも出来そうだというものがあります。母
の持っていた本の中に楽しいクリスマスツリ−があったので、革で作ってみま
した。年に1回クリスマス前後にいつも壁に掛けます。いつか立体的なものも
革で作ろうと思います。

[小型リュックの物入れ]
http://www.yuntaku.biz/kawakobo/shoukai/sho_html/sho-02.html
革を教えてもらった先生の講習会用作品に、小さなリュックがありました。
厚い床革で作られたそのリュックは、いかにも荷物を取り出したばかりという
形になっていました。
そのリュックの置き方がとても気に入り、牛革とゴートで小さなリュックを作っ
てみました。手縫いで一針一針縫い、小さな金具で本物らしさを出しました。
玄関に置き、ドライの麦の穂を入れました。

[モラ柄のデイパック]
http://www.yuntaku.biz/kawakobo/shoukai/sho_html/sho-03.html
パナマの北岸にサンブラス諸島という所があります。そこに住むインディオの
人々は「モラ」という技法で、複雑なアプリケを作ります。布を何枚か重ね、
切り込みを入れてあざやかな色のラインを出し、糸でまつっていきます。色と
りどりの動植物が黒や赤の布地の下に現れ、みごとな作品になっているのに感
心し、図案にしてみました。ゴート使用を使用しています。山羊の革で、美し
い独特のシボがあります。とても使いやすい革です。

[ゴーヤーの三つ折キーホルダー]
http://www.yuntaku.biz/kawakobo/shoukai/sho_html/sho-04.html
庭のゴーヤーを眺めているうちに、ゴーヤーをモチーフに革の小物を作ろうと
思いました。いつもはなんとなく見ていたゴーヤーの花やつるもスケッチして
みると、新たな発見が色々ありました。 一枝取って、スケッチが終わるまで
花瓶に挿して置いたのですが、これがなかなか強い。葉や茎は弱々しい感じな
のですが、1週間以上もしっかりしていて、つぼみだったものも花が咲きまし
た。 出来たスケッチを元にしてキーホルダーの大きさにゴーヤーの柄を入れ
ました。こうして完成したのが「ゴーヤーキーホルダー」です。

[うし楽園のシステム手帳と革製の皿]
http://www.yuntaku.biz/kawakobo/shoukai/sho_html/sho-05.html
黒島の牛まつりに合わせ、3頭の牛をモチーフにキーホルダーを作った。せっ
かくの3頭をこのままにするのは惜しいので、3頭一緒にしてシステム手帳と
革の皿を作ってみた。三線を弾く牛、クバ笠を持って踊る牛、泡盛の甕を持ち
ほろ酔い気分で歌う牛、島バナナの元で、3頭が楽しい時を過ごす・・・。

[くわず芋の三つ折キーホルダー]
http://www.yuntaku.biz/kawakobo/shoukai/sho_html/sho-06.html
葉は里芋の葉のようですが、食用に出来ないので沖縄の方では、くわず芋と呼
ぶそうです。つやつやした美しい葉で、大きな木の下の半日陰になっている所
で見られます。暑い日差しの中でも涼しげな色で、元気に育っています。
----------------------------------------------------------------------
======================================================================
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ < 工房ゆんたくの作品販売 > _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

革工房の手作り革製品と沖縄時間のポストカード、インクジェットプリントを
インターネットで販売しています。

                 ■ http://www.yuntaku.biz/hanbai/
======================================================================
【今月の作品販売】
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/☆ クリスマス☆セール ☆_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
----------------------------------------------------------------------
今年も、もうすぐクリスマス。今年は、いつもと違ったプレゼントはいかがで
しょう。沖縄病に掛かった大切な方へ、ぜひお渡し下さい。
化粧ポーチを限定、各1点ずつ、6,000円で販売いたします。
イルカとザトウクジラのシステム手帳の試作品を各1点ずつ、モニター価格で
販売いたします。
《 化粧ポーチ 》
http://www.yuntaku.biz/hanbai/C02/C02-0000.html
 《パパイヤパティー(大)》
  6,000円(消費税込み)

 《ゴーヤー(大)》
  6,000円(消費税込み)

 《ザトウクジラ(大)》
  6,000円(消費税込み)

《 イルカとザトウクジラのシステム手帳 》
http://www.yuntaku.biz/hanbai/C01/C01-0000.html
今までは、芯を入れずに柔らかい感じにしていましたが、今回、表紙部分に芯
を入れやや固さを出してみました。使い勝手を知りたいので試作品販売をしま
す。メールで感想を頂ける方に限り、試作品を各1点ずつ、モニター価格で販
売いたします。
 《ザトウクジラ(ミニサイズ)》
  6,000円(消費税込み)

 《イルカ(ミニサイズ)》
  6,000円(消費税込み)

 《イルカ(バイブルサイズ)》
  7,500円(消費税込み)
----------------------------------------------------------------------
[三つ折キーホルダー]
http://www.yuntaku.biz/hanbai/A02/A02-0000.html
 《ザトウクジラ》
  3,500円(消費税込み)

 《イルカ》
  3,500円(消費税込み)

 《親子猫》
  3,500円(消費税込み)

 《夜桜》
  3,500円(消費税込み)

 《しだれ桜》
  3,500円(消費税込み)

[リングキーホルダー]
http://www.yuntaku.biz/hanbai/A13/A13-0000.html
 《ピィヤーシ》
  1,000円(消費税込み)

[泡盛甕形キーホルダー]
http://www.yuntaku.biz/hanbai/A02/A02-0000.html
 《西表山猫》
  1,300円(消費税込み)

[牛まつりキーホルダー]
http://www.yuntaku.biz/hanbai/A14/A14-0000.html
 《ほろ酔いかげんで泡盛を持つ牛》
  1,000円(消費税込み)

 《花笠を持って踊る牛》
  1,000円(消費税込み)

[免許証入れ]
http://www.yuntaku.biz/hanbai/A03/A03-0000.html
 《ザトウクジラ》
  4,500円(消費税込み)

 《親子猫》
  4,500円(消費税込み)

[システム手帳]
http://www.yuntaku.biz/hanbai/A04/A04-0000.html
 《ザトウクジラ(ミニサイズ)》
  7,000円(消費税込み)

 《うし楽園(バイブルサイズ)》
  8,500円(消費税込み)

[名刺入れ]
http://www.yuntaku.biz/hanbai/A05/A05-0000.html
 《ねこ楽園》
  3,500円(消費税込み)

 《親子猫》
  3,500円(消費税込み)

[髪留め]
http://www.yuntaku.biz/hanbai/A06/A06-0000.html
 《魚の髪留め(赤)》
  1,300円(消費税込み)

 《魚の髪留め(青)》
  1,300円(消費税込み)

 《魚の髪留め(黄)》
  1,300円(消費税込み)

[携帯アクセサリー]
http://www.yuntaku.biz/hanbai/A07/A07-0000.html
 《マッコウクジラ(赤)》
  1,000円(消費税込み)

 《マッコウクジラ(黄)》
  1,000円(消費税込み)

 《西表山猫(三角おむすび形)》
  1,300円(消費税込み)

 《ピィヤーシ》
  1,000円(消費税込み)

 《西表山猫(泡盛甕形)》
  1,300円(消費税込み)

 《牛まつり(ほろ酔いかげんで泡盛を持つ牛)》
  1,000円(消費税込み)

 《牛まつり(花笠を持って踊る牛)》
  1,000円(消費税込み)

[革の皿]
http://www.yuntaku.biz/hanbai/A08/A08-0000.html
 《うし楽園》
  5,000円(消費税込み)

[ブローチ]
 ■ http://www.yuntaku.biz/hanbai/A10/A10-0000.html
 《木の葉》
  1,500円(消費税込み)

 《木の葉2枚》
  1,800円(消費税込み)

[財布]
http://www.yuntaku.biz/hanbai/A11/A11-0000.html
 《桜見物の猫たち》
  6,500円(消費税込み)

[額絵]
http://www.yuntaku.biz/hanbai/A99/A99-0000.html
 《猫の森音楽会》
  30,000円(消費税込み)

[ゆんたくカード(ポストカード4枚組)]
http://www.yuntaku.biz/hanbai/P01/P01-0000.html
 《美海1》
  500円(消費税込み)

 《黒島》
  500円(消費税込み)

[インクジェットプリント]
http://www.yuntaku.biz/hanbai/Q00/Q00.html
 《A4》
  5,000円(消費税込み)

 《A3》
  7,500円(消費税込み)

 《A3ノビ》
  8,000円(消費税込み)
----------------------------------------------------------------------
======================================================================
【編集後記 ☆ だっからよ〜 ☆】
これまで、革のモチーフになってきた猫との別れは、とても辛いものでした。
でもこの猫との出会いで、今まで気にもしなかった猫の姿を間近で知ることが
出来ました。
2003年も、もう残り少なくなりました。来年も、また沢山の出会いがある
ことを願っています。風邪など引かぬよう、どうぞ良い年をお迎え下さい。購
読して下さっている皆様、ありがとうございます。
======================================================================
【お願いとお知らせ】
----------------------------------------------------------------------
☆バックナンバーは下記のアドレスでご覧いただけます。
 ■ http://www.yuntaku.biz/gekkan/
☆次号の発行は2004年1月1日予定です。
☆購読は無料です。
 購読お申込み・購読解除は
「まぐまぐ」で登録の方
 ■ http://www.yuntaku.biz/gekkan/mag2/
「Macky!」で登録の方
 ■ http://www.yuntaku.biz/gekkan/macky/
「ポスビー」で登録の方
 ■ http://www.yuntaku.biz/gekkan/posbee/
 にてお願いいたします。登録先を変更される場合は、お手数ですが、現在ご
 登録のアドレスを解除しあらためて新しいアドレスを登録してください。
☆ご意見・ご感想、記事投稿は < otayori@yuntaku.biz >または、
 掲示板「いちゃりばちょーでぇー」
 ■ http://www.yuntaku.biz/keijiban/
 までお願いいたします。
☆月刊 沖縄時間、宛てのメールは、本誌にてご紹介させていただく場合があ
 ります。
☆月刊 沖縄時間の著作権は工房ゆんたくに帰属します。いかなる形であって
 も無断転載、無断使用はお断りします。必ずご連絡下さい。営利目的以外の
 転送は、全文をそのままの形に限り自由です。
☆月刊 沖 縄 時 間 2000年10月1日創刊
 このメールマガジンは、
 インターネットの本屋さん「まぐまぐ」   [まくまぐID:0000046147]
 メールマガジン立ち読みスタンド「Macky!」 [Macky! ID:okinawatime]
 快適メールマガジンスタンド「ポスビー」   [ポスビー ID:00002699]
 を利用して発行しています。

 発行元:工房ゆんたく
 発行責任者:大野隆志
 〒238-0024
 神奈川県横須賀市大矢部3-47-15
 tel & fax 046-834-6501
----------------------------------------------------------------------
======================================================================

I 月刊沖縄時間のトップページ I