HOME沖縄時間黒島黒島のアンガマ
沖縄県八重山郡竹富町黒島の旧盆行事、アンガマ
仕切線
黒島のアンガマ01

☆☆☆ 黒島のアンガマ 第一話 ☆☆☆

 沖縄の八重山地方にある黒島へ旧盆の行事「アンガマ」を見に行った。黒島のアンガマは、石垣島で行われているアンガマのような、お面をかぶったウシュマイ(爺)やンミ(婆)は登場しない。
  浴衣やムイチャー(沖縄独特の柄で普段着にしていた着物)を着て、頭には花笠をかぶり、顔は目元をサングラスで隠し、口元にはタオルをまいて、誰がやっているのかわからないように変装する。以前から1度見たかった、この行事に参加させてもらった。

8月31日(金)
  民宿で夕食をすませた後、泊まり客6人で、車に乗って芸能館へ行った。不思議な衣装を付けた島の青年会の人たちが、会館の中で出発の時を待っていた。
 歌、三線4名、大太鼓1名、鉦1名、酒がめを担ぎ、白い化粧を施し、滑稽な動きをするチョンダラー2名。この後から花笠をかぶった一団が続き、総勢約30名の人達が皆高い声でしゃべる。どうしてこんな不思議な衣装なのだろう。なぜ高い声なのだろう。初めて見る島のお盆の行事にただただびっくり。
 準備を終えた一団が、東筋集落を中心に仏壇のある家を一軒一軒回って行く。私たちもその人たちの後ろについた。空には十三夜の月が見えていた。訪れていく家の近くから、三線、太鼓、鉦の演奏が始まった。花笠をかぶった人たちが歌い出した。「エイサー、シーガル、チャービタル・・・」「ヘイ」
 地謡の人たちの後ろにいたチョンダラーがその家の仏壇の前にさけがめを置く。その間、庭いっぱいに一つの輪が出来る。曲に合わせ、花笠の人たち数人ずつが踊りを披露する。3曲目は全員が庭中をにぎやかに踊り回る。
 お盆の行事はもっと悲し気で静かなものかと思っていたが、この島のはとても楽しく、まるで仮装行列の様である。
 訪ねていく軒数が増えるたびにお酒も入り、皆ののりも良くなる。見ているだけでも、しだいに疲れてしまったが、やっている人たちは、各家で一生懸命、歌い踊りおどけ、力一杯動いている。
 どの家も美しく仏壇を整え、行列の来るのを待っている。家の縁側に座って見ていたおじぃやおばぁもチョンダラーに引っ張られ、モーヤー(カチャーシー)になると裸足で庭に降り、年季の入った踊りを見せてくれた。東筋約30軒を回り、第一日目が終了した。もう真夜中だった。

9月1日(土)
 アンガマ2日目、今夜は私たちの泊まっている仲本集落から始まる。民宿のおばちゃんとそのお姉さんの家でも、きれいに仏壇が飾られていた。おばちゃんのモーヤーの手つきや腰つきはなかなかのものだった。
 仲本には仏壇のある家は5軒しかないので、その後、車、トラックに分散し保里集落へ移動した。数件回った頃、空を見上げると、コウモリたちが木から木へ元気良く飛んでいた。
 保里が終わった後、再び車で東筋へ移動。車を降りると「大野さん、これを着て。これで最後の踊りを一緒に踊れるから。」と知り合いの人が紙袋を手渡してくれた。まごまごしていると、「せっかくこれを見に来たのだから、楽しんでいって。」と手を引っ張られた。紙袋の中からは、次々変装道具が出てきた。Tシャツの上から着物、帯をつける。風呂敷を三角にたたみ、口元を覆う。頭からすっぽり手ぬぐいをかぶり、アンガマ風に変身。右手にはクバのうちわも持たされ、列に入れてもらう。前後を島の人達に守られ、行列の一員になる。
 列に入ってはみたものの、クバのうちわを持つ右手と足の動きが上手くいかない。左手もだらんと下にしていたら、後ろの人が「こうよ」と手を添えて教えてくれた。「はい、右、左・・・」と動きをそっと指示してくれる。前の人も時折、心配そうに振り向く。動きはぎこちなく、照れも入って目はきょときょとするし、口元も嬉しくてゆるみっぱなし。参加後、一軒目は緊張したままだった。一軒増えるごとに手足の動きも少しはさまになってきた・・・かな。
 モーヤーになっても、どこで出ようか迷っていると、誰かしら手を引っ張って連れ出してくれる。思いっきり手足を動かして、自己流踊り。見ているだけではつまらない。皆と一緒に踊っていると本当に楽しい。覆面の下はもう汗だくで、着ている物もどんどん濡れていく。ほんの数件回っただけなのに、泡盛の酔いと踊りとでへとへとだった。マスクのように口元を風呂敷で隠すため、息がしにくく、とくに踊った後は思い切り空気が吸えず、苦しい。
 皆、こんな状態で昨夜も今夜も30軒ずつを回っていたのかと思うと、その大変さが良くわかった。見るだけでなく島の方たちのご好意で一緒に体験できたことがとてもうれしかった。そして、もし自分が家族を亡くして、お盆の時にこんな風に近所の人たちが楽しく訪れてくれたら、悲しい気持ちがふっと和らぐのではないかと思った。
 最後の家では、家の人も踊りに加わり5曲も披露され、モーヤーも長かった。真夜中の1時すぎ、十四夜の月の中で、2日間にわたるアンガマの行事がようやく終わった。

文 大野 葉子

☆☆☆ 黒島のアンガマ 第二話 ☆☆☆
<黒島のアンガマはエイサーだった。>

 自称「準会員」にさせていただき、総会後に行われるみなさんの芸能が楽しみで、一昨年から参加している関東黒島郷友会。第39回総会に出席した。今回は大野隆志ミニ写真展として、豊年祭の写真とアンガマの写真を十数点、会場の壁に飾った。
 前回書いたアンガマの話についても、良く分からなかった言葉を豊年祭のミルクの面、宮里の獅子舞の頭を彫った方の息子さん(私たちより年上の方だが)に伺った。この方によると、黒島のアンガマ行事(盆の行事)は、石垣でのアンガマとは違って、エイサ−であるという。かつて本島の糸満出身の人たちが黒島へ移り住み、伊古という集落を作った。この人たちによってこの盆の行事が始まった。あの歌の中に出てきた「エイサ−シ−ガルチャ−ビタル」という歌詞は、「エイサ−をやりにきたよ。」という意味で、皆が仏であるアンガマになり、高い声で話し、ご先祖を慰めるために来ましたよ、仏のお迎えを頼みますよということで、行く家の近くから歌い始めるのだと説明された。
 総会や芸能などが終わった後の二次会で、沖縄時間に載せた原稿を読んだ。初めは少しざわついていた会場が、次第にしんとした。黒島出身の方達の脳裏に焼き付いているお盆の記憶に助けられ、私の拙い文でもいろいろなことを思い出して下さったのだろう。話終わった後、三線のじょうずな方と歌、踊りの三人の人がその場でこの行事を再現くれた。
 さっとこんなふうにして貰えたことが、とても嬉しかった。ここで聞いていた人達の方だって、きっと島へ帰りたかっただろうに・・・少し申し訳なく思った。今のように交通の便が良くなかった時代、島の人達はいろいろな行事の中で多くの楽しみを見つけていたのだろう。何でもあるようで、実は本当の楽しみを知らないのは今の私たちの方かも知れない。

文 大野 葉子

Photo Gallery

I 黒島 I 豊年祭 I アンガマ I

I 黒島のトップページへ戻る I

I 工房ゆんたくのトップページ I
I 革工房YUNTAKU I 作品紹介 I 制作工程 I
I 沖縄時間 I 黒島 I 竹富島 I 島の豆腐屋さん I
I 泡盛文化の会 I 写真展 I うちな〜色々 I
I じょ〜と〜写真館 I 過去の「一枚の写真」 I
I メルマガ「月刊沖縄時間」 I 作品販売 I
I 関東黒島郷友会 I 関東黒島郷友会 公式 facebook I
I ブログ「工房ゆんたく」 I 工房ゆんたく 公式 facebook I 工房ゆんたく Twitter I

当サイト掲載作品の著作権は、写真家 大野隆志及び工房ゆんたくに帰属します。
Web上や印刷物などに無断で転載することは禁止します。

ご意見お問い合わせは フォームメール をご利用下さい。