HOME沖縄時間竹富島種子取祭
沖縄.八重山.竹富島.祭り.種子取祭
仕切線
 

竹富島の種子取祭は、新暦10月・11月の干支「甲申」から「壬辰」までの9日間続き、7日目と8日目にあたる「庚虎」と「辛卯」が奉納芸能にあたります。1ヶ月以上も前から練習が始まり、踊り、狂言、組み踊りなどが演じられます。島の方々が演じているのですが、まるで専門家の方の踊りを見ているような素晴らしい演技です。

奉納芸能初日、朝5時頃から会場となる世持御嶽に神司、公民館の役員、島の長老などが集まり祈願、干鯛の儀式などが行なわれる。その後集落の責任者である主事宅を訪問する「参詣」を行う。
午前10時頃参詣の集団が世持御嶽に戻ってくると、御嶽前の広場で世乞いの「巻き歌」を歌い、それが終わると庭の芸能が始まる。つづいて特設の舞台で、奉納芸能が午後6時近くまで続けられる。
ここまででも大変な一日なのだが、このあとに「ユークイ」(世乞い)という夜を徹しての儀式がある。これは、あらかじめ決められた家々を神司と共に回る。各家でニンニクとタコの和え物と泡盛が振る舞われる。
このユークイには、一般の人も参加することが出来る。昨年は尋ねる家が多く、午後7時に始まり、十数件の家々を回り、各家庭で振る舞われるニンニクとタコ、その後の挨拶、歌と続き、すべてが終了したのはもう朝の4時だった。
ほんの少し仮眠をとった後、午前10時から前日と同じ場所で、庭の芸能が始まる。奉納芸能も昨日とはまた違う出し物が披露され、午後5時半頃「鬼狂言」で終了する。

ここ数年、祭りの準備から当日まで一緒に参加させていただきました。これからも写真を通して、この種子取祭を続けている島の人々の心を伝えたいです。

竹富島の種子取祭
 

Photo Gallery
種子取祭の写真10点がご覧いただけます。

I 種子取祭 I


種子取祭の由来伝承

竹富島の村の始まりは、玻座間村のネハラカンド、仲筋村のアラシハナカサナリ、幸本村のフシカワラ、久間原村のハツカネ、花城村のタカネトノ、波利若村のシオカワドノという六人の酋長たちが統治していた。
その頃、種子取祭は六つの村で別々に行われていたが、玻座間村のネハラカンドは、ツチノエネ(戊子)の日に一緒に種子取祭を行うことを提案した。しかし、幸本村のフシカワラはツチノトウシ(己丑)の日を主張し同意しなかった。 そこでネハラカンドは、妹を幸本村のフシカワラに嫁がせた。妹(嫁)は、「兄のネハラカンドの作物が良く稔るのは、作物が土に根付くツチノエネの日に種子を蒔くからであり、貴方の蒔くツチノトウシは、作物が土の中でウシル(失せる)日である」と説得したので、フシカワラは納得して一緒に種子取祭を行うことにした。

種子取祭の由来伝承は以下の本からお借りしました。
沖縄県竹富島の種子取祭台本集
「芸能の原風景」全国竹富島文化協会編
発行 瑞木書房 発売 慶友社 定価 \4,800

全国竹富島文化協会のホームページへリンクします。

全国竹富島文化協会

より詳しい竹富島の情報は下記のホームページをご覧下さい。

tdon-b.gif

I 竹富島のトップページへ戻る I

I 工房ゆんたくのトップページ I
I 革工房YUNTAKU I 作品紹介 I 制作工程 I
I 沖縄時間 I 黒島 I 竹富島 I 島の豆腐屋さん I
I 泡盛文化の会 I 写真展 I うちな〜色々 I
I じょ〜と〜写真館 I 過去の「一枚の写真」 I
I メルマガ「月刊沖縄時間」 I 作品販売 I
I 関東黒島郷友会 I 関東黒島郷友会 公式 facebook I
I ブログ「工房ゆんたく」 I 工房ゆんたく 公式 facebook I 工房ゆんたく Twitter I

当サイト掲載作品の著作権は、写真家 大野隆志及び工房ゆんたくに帰属します。
Web上や印刷物などに無断で転載することは禁止します。

ご意見お問い合わせは フォームメール をご利用下さい。